妊娠線を作りたくない場合のケア方法

ホームボタン

妊娠線を作りたくない場合のケア方法

女性にとって、子どもを妊娠して出産することは、この上ない幸せなことです。しかし、妊娠とともに、女性には体に様々な変化が生じます。なかでも、妊娠線はきちんとケアしないと、一生残るといわれています。なので、痕を作りたくないならば、正しくケアをする必要が有ります。
そもそも妊娠線というのは、皮膚にできるみみず腫れのような痕のことです。主にお腹や胸、お尻、太ももなど脂肪のつきやすいところに生じます。なぜできるかというと、妊娠すると胎児がお腹の中で少しずつ成長していくからです。胎児が成長していくと、妊婦さんのお腹なども徐々に大きくなっていきます。すると、お腹の皮膚の伸縮がついていかなくなってしまいます。無理やり皮膚が伸ばされていくことになるので、皮膚の奥に有る真皮が裂けてしまいます。この時にできる皮膚の傷が、妊娠線です。一般的に妊婦のお腹は、出産までに1.6倍くらいまで大きくなるといわれています。なので、通常よりも皮膚に大きな負担がかかってしまいます。
妊婦さんに付きものの妊娠線は、日頃のケアで解消することができます。作りたくない方におすすめするケア方法は、バイオイルでのケアです。このバイオイルとは、お肌を保湿することができる美容オイルのことです。ラベンダー、ローズマリーなどの植物由来成分と、ビタミンA、ビタミンEなどの抗酸化成分が配合しています。
そもそも妊娠線を防ぐには、皮膚を保湿して潤いを与えることが大事です。乾燥した肌の状態では、皮膚が無理やり伸ばされたときに真皮が避けやすくなります。しかし、定期的なケアで外部から潤いを与えることで、皮膚は保湿されます。保湿されてみずみずしくなった皮膚は、無理やり引き伸ばされても柔軟に対応できるようになります。なので、効果的に防ぐことができるというわけです。このバイオイルは日本ではなじみがあまりない商品ですが、世界中の多くの女性から人気を集めている商品です。普通のクリームよりも保湿効果が高く、肌にいい成分が含まれています。なので、ケアするのに最適な化粧品です。
これから、バイオイルを使っての正しいケア方法についてお教えします。まずケアを始める時期については、やはり妊娠が分かってからすぐに行ったほうが良いです。ほとんどの女性は、日頃からお腹や太ももなどのケアを怠っている方が多いからです。なので、お腹、お尻等の肌が乾燥状態に有る方が多いです。すぐにバイオイルでケアを始めることで、それだけ早く、肌を柔軟に保つことができるというわけです。
ケア方法は、お風呂上りの一番、肌が乾燥している時に塗布していきます。やり方は、まずバイオイル2、3滴を手のひらに取って、手のひらを擦り合せてオイルを温めていきます。ある程度温まったら、優しくオイルを肌にマッサージしながらしっかり塗りこんでいきます。特に妊娠線は、体の中でも二の腕、バスト、お腹まわり、腰、ヒップ、太ももなどにできやすいとされています。ですから、そのような箇所を中心に円を描くように塗っていきます。お腹のへその下、脇の下はケアするのを忘れやすい箇所です。なので、隅々まで抜かりなくケアすることが大事です。
特に冬の寒い時期には、外気で乾燥しやすい状態になります。なので、いつも以上にたっぷりと丁寧に塗る必要が有ります。もしも、すぐに乾燥してしまう場合は、ケアをした皮膚の上から腹巻やさらしを巻くと効果的です。上からカバーすることで、水分の蒸発を抑えることができるからです。
きちんと対策しないと、一生痕が残ることになります。なので、絶対に作りたくないという方は、上記を参考にこまめに対策することが大事です。
乳首 黒ずみ
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 妊娠線を作りたくない場合のケア方法 All Rights Reserved.